このページの先頭へ

エアコンクリーニング時の抗菌コートの疑問

エアコンへの抗菌コートを実施していない理由

ヘイズクリーンサービスではエアコンへ抗菌コートは実施しておりません。

なぜならその効果に大きな疑問を感じているため

 

エアコン抗菌コートとは、エアコン洗浄後に、液状のコーティング剤をエアコン内部に塗布することでカビや細菌の繁殖の抑制を目的とするもので

 

その使用方法はメーカーのマニュアルによりますと

  1. 内部を除菌洗浄後、送風や暖房運転などで水気を飛ばしてしっかりと乾燥(約60分以上)させます。
  2. エアコン内部が完全に乾燥したら、噴霧器・スプレー・ハケなどが届く範囲内の熱交換器(アルミフィン)や吹き出し口(クロスフローファン)内に、コーティング剤を噴霧、または塗布します。
  3. コーティング剤の乾燥のために、送風や暖房運転で乾燥(約60分以上通常乾燥で12時間以上乾燥させる

とありますが・・・

 

●そもそも冷房使用時に水滴がつきやすい環境下にあるエアコンに、本当に抗菌効果が続くのか?
先に説明したように抗菌コート剤は液体です。その液体を乾燥させることで固体にし、エアコン内部に定着させます。
冷房時の結露で水分がつくことや、冷房〜暖房と温度変化が激しいエアコン内部でコート剤は剥がれ落ちたり、溶け落ちたりしないのか?

 

●壁にかかった状態での洗浄では洗いきれない場所がある
本体内部の裏側やドレンパンの奥等は通常の洗浄方法では残念ながら洗いきれない場所があります。
同様に抗菌コートの噴霧、または塗布もできません。抗菌コートの効果を十分に高めるためには、本体を壁から取り外す完全分解での洗浄後、全てのパーツに抗菌コート加工をするのベストであり、壁掛け状態での施工には意味がないと思います。。

 

●抗菌コートは、ゴミやホコリの定着は防げない
抗菌コート剤の案内書に「防汚効果はない」とある、エアコン内部のゴミやホコリの定着を防ぐことはできない
定着したゴミやほこりをえさにカビは発生するはず。

 

●仮に効果があるとしてメーカー案内書どおりにエアコン洗浄後に完全乾燥させるのは難しい
洗浄終了後に最低でも60分待たねばならず(あくまで最低時間で完全乾燥にはもっと時間がかかると思います)
エアコン洗浄にかかる時間以上に作業時間が必要となるためエアコンクリーニング代金以上のオプション料金が必要となる。
(価格設定は作業時間も考慮する必要があるため)

 

●コーティング施行後の乾燥はお客様にお願いすることになる
乾燥には送風か暖房運転が1時間以上必要となる・・その間冷房は使用できません。

以上のような理由からヘイズクリーンサービスでは抗菌コートの施行はおこなっておりません
※抗菌コート自体を否定しているのではありません、有効な箇所もあるかと思います(床や壁等)

 

抗菌コートはおこなっておりませんが、ご希望のお客様には無料にて強力な除菌・消臭効果がありながら人体に安全・安心なカンファ水をスプレーいたします。

カンファ水のご案内

ヘイズクリーンサービスのエアコンクリーニングオプションメニュー

 

高温スチーム洗浄

1,000円

エアコン内部に高温の蒸気をあてることによって殺菌と汚れを浮かせる
※高温スチームは通常の高圧洗浄との併用となります。

除菌・消臭スプレー

無料

強力な除菌抗菌効果があるのに弱酸性で人体にも安全なカンファ水をスプレーいたします。
室外機洗浄 5,000円 室外機を洗浄することにより熱効率のUP↑節電につながる場合も
抗菌コート おこなっておりません

 
トップページ エアコンクリーニング ハウスクリーニング 空室清掃 お問合せ・お申込み